こちらのページでは『Aerosoft Seahawk & Jayhawk X (エアロソフト シーホーク&ジェイホーク
エックス)』の製品情報をご紹介しております。

■ Microsoft Flight Simulator X
  ホームページ
■ Microsoft Flight Simulator
  2004 翼の創世紀
  ホームページ
■ Microsoft Flight Simulator
  2002 ホームページ
■ シマーズ リンク
  飛行機ファンのためのリンク集
フライトシミュレータが苦手としていたヘリコプターの挙動を完全再現!
パッケージ画像
Aerosoft Seahawk
& Jayhawk X
対応FS フライト シミュレータ X 専用
対応OS Windows Vista/XP(SP2)
ジャンル フライトシミュレーション
価格 DL版 4480円 (本体価格:4267円)
価格 CD-R版 4980円 (サービス料:500円込み)
発売日

2009年3月25日(好評発売中)

販売形態 ダウンロード販売
備考 日本語マニュアル付き英語版

※インストールプログラムや付属ツール等を含めまして基本部分は英語版となります。
※日本語マニュアルを付属しております。

ダウンロード販売
ご購入はこちらから
CD-R販売
ご購入はこちらから
ご購入に関する注意事項(ご購入前に必ずお読みください)

  プロモーションビデオ

※プロモーションビデオは製品のイメージを伝えるものであり、一部映像を効果的に見せるためエフェクトを使用したり、製品には収録されていないオブジェクトなどが表示されますがご了承ください。

■高解像度プロモーションムービーのダウンロード(54.2MB)
>> こちらをクリック <<

  製品の紹介

『Aerosoft Seahawk & Jayhawk X』 は米シコルスキー社を代表するヘリコプター、SH-60(シーホーク)とHH-60J(ジェイホーク)を細部まで再現したマイクロソフト フライト シミュレータ X 専用のアドオンソフトです。
本製品ではFS2004用にリリースされていた 『Seahawks & Boxer』 と 『Coast Guard』 を統合し、更に4つの新規艦船を追加収録しました。(FS2004用の製品は弊社ではお取り扱いしておりません。)

機体特性につきましてもFSX用に最適化する事によって、FS2004まではシミュレーションが困難であったヘリコプターの挙動を完全再現する事に成功しています。
また、グーグルアースと連携してお好きな場所に艦船を設置するツール、『Shipyard2』 を収録。
日本近海に艦船を停泊させる事で、馴染みのヘリポートとの運行が再現可能です。

ヘリコプターを飛ばすこと自体は特別難しいわけでは無く、気が付いたら宙に浮いている位でしょう。
しかし、そのシステムを使いこなすにはかなりの訓練が必要です。何名もの実際にシーホークを操縦している方々によるテストを重ね、そこで上げられた意見を取り入れる事によって、手ごたえのある究極のヘリコプターアドオンを完成させることが出来たと考えております。

FSXに特化する事によってバンプマップ、スペキュラーライティングマップ、セルフシェーディングに対応し、全てのテクスチャーをDDSフォーマットで提供する事で対応ビデオカードでは処理効率も上がるようになります。
3種のモデル(SH-60、HH-60、S-70)、14の塗装が収録されていて、アメリカ海軍のモデルだけでは無く、日本(海上自衛隊)、ギリシャ、スペインへの輸出版も収録されています。

スクリーンショット(クリックしてください)
  製品の特徴

■極めて正確な飛行特性

飛行特性は2年に及ぶ実際のシーホークパイロットによるテストにより、かなりの精度で再現されています。FS2004版をベースにFSX用に作り直し、実際の数値に頼るのでは無くパイロット達のフィーリングを重視しました。

■アニメーションも完全再現

○実際の機体と同様にローターとテールを折りたたみ収納します。
○スピードに応じて、水平尾翼が動作します。
○4名の乗員もアニメーションをします。

■安定性向上システム

安定飛行を支援するだけでなく、ホバリングにリアルさを加えます。既存のヘリコプターアドオンと違い、外部プログラムに頼らずにヘリコプターの位置情報を感知する事で、通常の操作方法でホバーや移動をいかなる方向にもする事ができます。

■拡張マニュアル

70ページにもわたるマニュアルでヘリコプター操縦の初心者、もしくはフライトシミュレータ初心者にもお楽しみいただけます。

■3つのフライトトレーニング

○システムとAFCS: システムの準備からヘリコプターの始動まで、離陸をしたらナビゲーションシステムを学びながらトレーニングエリアに向かいます。また、テレインフォローイングモード(起伏に沿った高度保持)で、ヘリコプターの自動操縦方法について学びます。
○ILSトレーニング: ルートの自動航行と低視程状況下でのILSランディング。
○視程ゼロ状態でのマニュアルホバー: 何も見えない状況でホバーを決まった位置で行う方法。

  6艇の艦船を収録
○Coast Guard Marine Security Cutter, Large
○CG-50 (Valley Forge)
○LCS-1 (USS Freedom)
○X-Craft (Sea Fighter)
○LHD-4 (Boxer)
○F-220 (Augsburg)
 
  Shipyard2(シップヤード2)

『Shipyard2』 とグーグルアースを使う事で収録艦船をお好きな位置に配置する事が可能です。

※本ツールのご使用にあたりまして、Microsoft Flight Simulator X SDK が必要となります。
※WindowsVista でご利用される場合、本ツールに管理者特権が必要となります。

  受賞暦
■Avsim Gold Star Award
  動作環境
■マイクロソフト フライト シミュレータ X 専用(要Service Pack 2)
マイクロソフト フライト シミュレータ 2002、2004 翼の創世紀には対応しておりません。
※FSX には、Service Pack 2 が適用済みである必要がございます。Service Packは以下のアドレスよりダウンロードいただくことが出来ます。
http://www.microsoft.com/japan/games/fsx/download.mspx
■Windows Vista、Windows XP(SP2)
■CPU: Pentium 2 GHz以上(Core2 Duo推奨)

■メモリ: 1 GB以上(2 GB推奨)

■グラフィック: VRAM 256 MB以上搭載のDirectX 9対応ビデオカード(VRAM 512 MB推奨)
■ダウンロードサイズ: 124 MB
■インストールサイズ: 400 MB以上
■その他: サウンドカード、Adobe Acrobat Reader 6 以上(マニュアル閲覧用)
本ソフトは追加用ソフトです。 本製品を利用するには、別途「マイクロソフト フライト シミュレータ X」が必要です。「マイクロソフト フライト シミュレータ 2002、2004」には対応しておりません。
※マイクロソフト フライト シミュレータの動作環境につきましては、マイクロソフト株式会社のホームページよりご確認ください。左記メニューのLINKよりご確認頂けます。
※Microsoft、Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※その他の商号、商品名は各社の商号、商標または登録商標です。
Copyright ©2007 AEROSOFT All rights reserved.